【平成27年】松代かわら版

 「松代かわら版」とは、松代の毎月のイベント情報を紙面に載せた松代商店及び事業者による広告です。以下は当店主の平和とお客様への幸せを願って綴ったものです。

良い年になりますように
平成27年1月号

 新年あけましておめでとうございます。
 昨年は、アベノミクスという馬が疾風の如く走り消費税8%という障害物を乗り越えたがつまずいてしまい、昨年の世相を表す漢字「税」は、そのことを物語っております。しかし、師走の衆院選では難なく乗り越え国民の信任を得た勘定になります。その「午」歳から「未」歳を迎えました。国家の安泰や平和をもたらす年です。原発、安保、憲法等諸問題を抱え、3分の2以上の議席を持った安倍政権が、羊の皮を被った狼でないことを祈ります。
 ところであなたは年の初めに何を願いますか。今年こそ良い年になりますようにと祈ることでしょう。その時の祈る姿は着物が一番です。そして、凛として年の初めを感じた後の着物のお手入れは当店にお任せください。
 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

きもの病院開設 松代郵便局前 TEL:026-278-2151

着物ライフの楽しみ方
平成27年2月号

 2月、イスラム国による日本人拘束事件が発生し、平和な日本に危機をもたらした。1967年の第3次中東戦争でアラブ連合がイスラエルに敗北し其の後、イスラムへの原点回帰を図ったものの一部の原理主義者を生み、欧米諸国への憎しみを晴らすためテロ行為に走らせている。
 憎しみからは何も生まれませんが文化は違います。今回当店では松代で初めて開催される「まちゼミ」に参加いたします。「着物ライフの楽しみ方」としてまず初めに着物を美しく長持ちさせるためのたたみ方の講習をさせていただきます。このことが出来たら貴方はきっと着物が好きになります。次は好きになった着物を着て来る春を謳歌してください。
 そして、春を楽しんだ後の着物のお手入れは当店にお任せください。

きもの病院開設 松代郵便局前 TEL:026-278-2151

着物で厄除け雛巡り
平成27年3月号

 3月、陽の光がやさしく暖かさを増し、平和な時が流れます。中東で命を落としたジャーナリスト後藤健二氏には申し訳ないが平和は良いものです。経済は好転し始め17年振りに平均株価が18,000円台を付けました。北陸新幹線がもうすぐ開通し、いよいよ地方にも春の兆しが見えそうです。
 その平和な文化的な象徴雛まつりが当地松代で開催されます。子供たちの健やかな成長を願い、町内の商店や文化施設に沢山のお雛さまが飾られます。各時代の衣装をまとったお雛さまに会いに、貴方様は今の衣装きものを着て巡って見ては如何でしょうか。きっと貴方様の厄を落としてくれることでしょう。
    そして雛巡りをした後の着物のお手入れは当店にお任せください。

きもの病院開設 松代郵便局前 TEL:026-278-2151

転ばぬ先の杖
平成27年4月号

 4月、桜前線が北上し、間も無く北信濃にも桜の便りが届き、善光寺御開帳が始まります。
 国会では憲法改定を視野に入れて9条「戦争放棄」条文解釈を巡り自衛の議論を戦わせております。
 そんな中、恒例のサラリーマン川柳で、「壁ドンを妻にやったら平手打ち」「是非欲しい家庭内での自衛権」の2句が目に留まった。自衛は国の問題ばかりでなく家庭の問題でもあります。
 例えば「きもの」。 春は着物を着る機会が多い季節です。雨・カビ・汗ジミで嫌な思いをしたことがありませんか。そんな思いを払拭するのが自衛のための着物専用ガード加工です。転ばぬ先の杖。当店ではガード加工ほか着物のことなら何でもご相談を承ります。

きもの病院開設 松代郵便局前 TEL:026-278-2151

お母さんありがとう
平成27年5月号

 5月、百花繚乱、風薫る季節となりましたが、何かキナ臭いにおいがしてきております。「国際平和支援法」という美名のもと日本が戦争に巻き込まれる法律です。70年前「お母さん万歳」と叫んで散っていった兵士に報いるため、最善を尽くして頂きたい。
 ところで「母の日」を迎える今月、思い出すのは「母にささげるバラード」の一節です。
   今も聞こえる あのおふくろの声 ぼくに人生を
   教えてくれた やさしいおふくろ
 今回、誰も思いつかない感謝の仕方、例えばタンスに眠っている着物の虫干しのお手伝いは如何でしょうか。着物にまつわる思い出話に華が咲き、良い1日を過ごすことが出来るでしょう。
 そして、昔を懐かしんだ後の着物のお手入れは当店にお任せください。

きもの病院開設 松代郵便局前 TEL:026-278-2151

お父さんありがとう
平成27年6月号

 6月、草木が周囲に満ち溢れる季節になりました。
 先の橋本大阪市長の政治生命をかけて臨んだ「大阪都構想」の賛否を問う住民投票は、僅差で否決され、7年余りの政治活動に終止符が打たれようとしています。大阪の政治システムを変える絶好の機会だったのに非常に残念です。住民投票の結果を受けた記者会見での彼の敗戦の弁は、やる事はやった達成感を爽やかな笑顔で答えていたのが印象的だった。
 ところで、6月21日(日)は父の日です。家庭では「粗大ゴミ」「ゴキブリ亭主」と揶揄される父親ですが、陰では日本の経済を支えております。そんな父親に「お父さんありがとう」の感謝の言葉を添えて、来る夏に備え「ゆかたや甚平」のプレゼントは如何でしょうか。
 そして、プレゼント前の着物の相談は当店が受け賜ります。

きもの病院開設 松代郵便局前 TEL:026-278-2151

そうだ!「ゆかたを着よう」
平成27年7月号

 7月、「朝顔につるべ取られてもらい水」と風流で優しい平和な我が国で、米国議会で集団的自衛権を持つ安全保障法案を通すと大見栄を切った安倍首相。集団的自衛権を「毒ふぐ」にたとえ肝を除けば限定的だと合憲を主張する内閣法制局長官。そして集団的自衛権は違憲と判断している大半の憲法学者や国民。法案の合憲、違憲の判断をめぐり国会会期を95日間延長して決着をつけようとしている内閣。将来に禍根を残さないよう願いたい。
 そんな中、災厄を祓い平和を願う夏の風物詩「祇園祭」が間近に迫って参りました。不幸にも中町の大火がありましたがその災難を乗り越え活気溢れる祭りにしたいものです。祭り参加衣装は、「ゆかた」が似合います。日本人ですもの。今からでも遅くはありません。その準備のお手伝いは当店にお任せください。

きもの病院開設 松代郵便局前 TEL:026-278-2151

着物のお手入れ月刊です 汗、シミ汚れご用心!!
平成27年8月号

 8月、暑中お見舞い申し上げます。
先月19日の関東甲信地方の梅雨明け宣言前に衆議院で強行採決した安保法案に国民の関心が集まっております。安倍首相は「国民の命を守り、幸せな暮らしを守るために必要な法案であります。」と言っておりますが、大半の国民の目から見ると逆に国民の命と暮らしを犠牲にする法案と映っております。首相には新国立競技場建設の白紙撤回をしたように、英断をもって時間をかけて国民の納得を得る法案にして頂きたい。
 そんな中、日本には「お盆」という祖先の霊を祀る一連の行事があります。平和な日本に感謝して、夏衣装「ゆかた」を着てお墓参りをなさったら如何でしょうか。現在の自分の在り様を過去より学び未来を見通す良い機会です。

きもの病院開設 松代郵便局前 TEL:026-278-2151

平和への誓い
平成27年9月号

 9月、戦後70年、高校野球100周年を迎えた第97回甲子園大会は、東海大相模が3906校の頂点に立ち、白球を通して私たちに真夏の感動を与えてくれました。本当にありがとう。大会に先立ち行われた開会式では鳥羽高校(京都)の梅谷成悟主将が選手宣誓を行い、その最後に「次の100年を担う者として、8月6日の意味を深く胸に刻み、甲子園で躍動することを誓います。」という文言でしめ、その言葉は平和への誓いに聞こえた。安保関連法案は、今国会の会期末27日までに成立しそうだが、「備えあれば憂いなし」とは言うものの「過ぎたるは猶及ばざるが如し」である。
 ところで、今月着物を着るなら単衣です。夏から秋へと移る季節を楽しみ平和な人生をお送りください。

きもの病院開設 松代郵便局前 TEL:026-278-2151

着物のトラブルは当店へ
平成27年10月号

 10月、天高く馬肥ゆる実りの秋を迎えましたが、先月鬼怒川の決壊を始めとする関東・東北豪雨災害、そして国会では安倍首相の悲願、安保関連法の成立と国内を揺るがす出来事があり、民意と乖離した民主主義とは何か、立憲主義とは何かを問われる問題に直面している。この法律が「戦争抑止力」に役立つか、それとも「戦争助長」に繋がるのか後の歴史が証明する事でしょう。
 それはさて置き、松代が江戸時代にタイムスリップする「真田十万石まつり」を控え、着物が周囲の街並みに美しく映える季節を迎えますが、着物にもトラブルは付きものです。シミ、汚れはもちろんのこと、母親から受け継いだ着物の寸法直し等、着物に関するご相談は当店が受け賜ります。

きもの病院開設 松代郵便局前 TEL:026-278-2151

地道にコツコツ
平成27年11月号

 11月、冬の足音が近づく中、先月前回のアベノミクス3本の矢の結果を出さないまま、新3本の矢を携えて第3次安倍内閣が発足した。TPP、辺野古への基地移設等国内外に重要な課題を抱えている中ですが、うれしいニュース、昨年に続いて日本人二人のノーベル賞授与の発表があった。
 医学生理学賞に土壌の微生物の研究をした大村智教授、物理学賞に素粒子ニュートリノに質量があることを発見した梶田隆章氏である。人の役に立ちたい、宇宙の成り立ちの解明につながればとの思いで地道にコツコツと研究に没頭した成果が認められたのであろう。日本人として誇りに思います。
 当店も着物に関して微に入り細に入りどんなことでも相談を受け賜り、貴方様のお役に立ちたいと思います。

きもの病院開設 松代郵便局前 TEL:026-278-2151

来年こそ良い年に!
平成27年12月号

 12月、今年こそ良い年でありますようにと願った平成27年。なかなかそうはいきません。先月、フランスのパリではイスラム国による同時多発テロの発生。日本では沖縄辺野古への基地移設に関して、国と県との諍い。
 前者はおよそ一千年前、キリスト教諸国によって結成された十字軍によるイスラム教聖地エルサレムの奪還に端を発したイスラム教徒の怒り。後者は基地に絡む日本政府と沖縄県民との戦い。偏見と差別が絡む双方の戦いを収める良い術は無いのだろうか。
 当店では、着物のトラブルは、お客様に原因をお聞きしてより良い対処をしております。年の瀬にあたり日頃のご愛顧に感謝を申し上げ、皆様にとって来年こそ良い年でありますようにお祈り申し上げます。

きもの病院開設 松代郵便局前 TEL:026-278-2151

最新記事一覧

 令和元年11月号【人生禍福は糾える縄の如し】
 令和元年10月号【休載】
 令和元年09月号【休載】
 令和元年08月号【休載】
 令和元年07月号【「100年安心」を願って】

過去記事一覧

 ■令和元年
 ■平成31年
 ■平成30年
 ■平成29年
 ■平成28年
 ■平成27年
 ■平成26年
 ■平成25年

特  集