【令和4年】松代かわら版

 「松代かわら版」とは、松代の毎月のイベント情報を紙面に載せた松代商店及び事業者による広告です。以下は当店主の平和とお客様への幸せを願って綴ったものです。

恭 賀 新 年
令和4年1月号

 令和4年 元旦、昨年は、新型コロナウィルス感染拡大で社会経済に暗い影を落とした1年でしたが、唯一救いは東京五輪での日本選手の活躍です。その証拠に国民が選んだ世相を表す漢字「金」はそのことを物語っており、また、経済を立て直す給付金も兼ねてその思いが集約された。
 さて、今年は「寅歳」。権威や力の象徴を表し、「虎は千里行って千里帰る」と言うことわざがあるように勇猛果敢な動物です。その干支にあやかり、困難極まる「経済低迷、気候変動、少子高齢化等」の課題解決策を探る1年であってほしいと思います。
 また、貴方の着物に関しての諸課題、例えば着物のお手入れ、着物の着付け、着物を着る機会がない等の悩みを解決いたします。先ずは当店へ。本年もどうぞよろしくお願い致します。

きもの病院開設 松代郵便局前 TEL:026-278-2151

「山高ければ谷深し」
令和4年2月号

 2月、暦の上では春とはいえまだまだ厳しい寒さが続いております。現在感染拡大している新型コロナウィルスオミクロン株は、デルタ株の収束傾向が見られ始めてから息つく暇もなく猛威を振るい、私たちに脅威を与えております。
 重症化リスクが低いとされているオミクロン株ですので、相場格言「山高ければ谷深し」に倣い、分科会尾身茂会長が言う「人流ではなく人数の制限」をすれば静まるのではないかと期待したいところです。
 月が替われば春のイベントに先駆けて、子どもの健やかな成長を願う「ひな祭り」が始まります。ステイホームからさようならして待ちわびた春をお気に入りの着物を着て楽しんでみては如何でしょうか。着終わった後の着物のお手入れは当店にお任せください。

きもの病院開設 松代郵便局前 TEL:026-278-2151

喜怒哀楽の感情の力
令和4年3月号

 3月、コロナウイルスオミクロンの蔓延で社会経済活動が停滞を余儀なくされている中、先月開催された北京冬季五輪のスノーボード男子ハーフパイプで、平野歩夢選手が信念を貫き金メダルの栄誉に輝いた。
 元来、日本人は喜怒哀楽の感情表現が苦手な人種ですが、彼は競技採点に不満と怒りを内に秘め、その力を最後の試技で最高のパフォーマンスを発揮して栄冠を勝ち取った。その後のインタビューに答えて「ようやく小さい頃の夢が一つかなった」「自分の納得いく滑りが、みんなに少しでも届いたんじゃないかな」と振り返り、物静かな口調で話したことに感銘を受けた。
 もうすぐ梅、杏、桜と咲きほころび着物が似合う季節が参ります。日本人の奥ゆかしい感情表現をして楽しんでみては如何でしょうか。楽しんだ後の着物のお手入れは当店にお任せください。

きもの病院開設 松代郵便局前 TEL:026-278-2151

気になる「世界終末時計」
令和4年4月号

 4月、日本各地より桜の開花便りが聞かれ、入進学、就職等人生の喜びの春を迎えます。
 それに引き替え、ロシアのウクライナ侵略は目に余る暴挙としか言えません。核使用も考えているロシアはテロ国家に成り下がっております。
 そこで気になるのは、「世界終末時計」です。核戦争などによる人類滅亡を残り時間あと何分何秒と表わす時計で、2022年1月では1分40秒と表示されていましたが、今現在では数10秒となっていると思われます。
 そんな時、貴方の大好きな着物は大丈夫なのかとふと思いました。シミ、汚れ、カビは着物に対する侵略者です。対処するのは貴方しかおりません。当店はそのお手伝いをさせて頂きます。

きもの病院開設 松代郵便局前 TEL:026-278-2151

着物フレイルにご用心
令和4年5月号

 5月、風薫る季節。こどもの日、母の日等生活催事を迎え、親子で幸せを感じる良い機会を迎えます。
 ところが我が国では少子高齢化社会を迎え、また新型コロナウィルス蔓延のため在宅率が高まり高齢者のフレイル問題が起こってきております。
 フレイルとは、もともと「か弱さ」「壊れやすさ」を意味する言葉で「物や体」の弱さを表しております。特に医学的には健康から要介護状態へ移行する中間の段階と言われており、高齢者に対しフレイルにならないように警鐘を鳴らしております。
 フレイルは、体ばかりでなく物にも当てはまります。例えば着物です。タンスにばかり保管しておかないで風に当てたり、着用して楽しんだりして頂けたらと思います。

きもの病院開設 松代郵便局前 TEL:026-278-2151

平和のありがたさ
令和4年6月号

 6月、今年は平年より早く梅雨入りしそうな気配で気持ちが滅入りますが、雨に濡れる紫陽花に心が和みます。
 2月24日ロシアによるウクライナ侵略が始まる中、4月3日より6月29日まで善光寺御開帳が開催されています。松代より奉納された回向柱は、前立本尊と善の綱によって繋がれ、手で触れた参拝者は功徳を得られるとのことだが、今回は、コロナウイルス感染の収束とウクライナ戦争の終結を願うばかりです。
 今まで平和は世界的経済相互依存で保たれているとされていたが、独裁的為政者の考えで平和は崩される。
 そんな在り様を見て、着物を着て喜びを感じる我が国で、平和のありがたさを強く感じます。当店は、そんな着物のトラブル(シミ、カビ、汚れ)に対応をしておりますので、ご相談ください。

きもの病院開設 松代郵便局前 TEL:026-278-2151

着物文化再発見
令和4年7月号

 7月、夏至が過ぎ日は短くなってゆくが、本格的な暑さはこれからです。第26回参院選が始まり例年になくヒートアップしており、前回の投票率は48%ほどでしたが、デフレ下の物価高、ウクライナ戦争に影響を受けた防衛力強化問題等に争点が当てられ、有権者の関心が高く投票率が上がりそうです。
 ようやく外国人観光客の受け入れが始まり、日本各地の観光地が賑わいを取り戻します。特に京都で目にすることは、日本人ばかりでなく外国人観光客の着物姿です。旅のだいご味は旅先の地での人との出会いと文化に触れることです。
 日本には素晴らしい文化があります。その一つは着物です。外国人が認める文化を見直し着物姿でのおもてなしは如何でしょうか。夏はうすものとりあえず浴衣で楽しみましょう。

きもの病院開設 松代郵便局前 TEL:026-278-2151

諸行無常 今一生
令和4年8月号

 8月、新型コロナウイルスオミクロン変異株BA5の感染が急拡大し、第7波の到来が脅威を与えております。先月行われた参院選挙の終盤に凶弾に倒れた安倍元首相の死は、国内外に大きな影響を投げかけた。また、その死は平家物語の冒頭の一節を思い出す。
  祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
  沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。
良くも悪くも日本の政治を動かした偉大な政治家を失ったことは非常に残念です。一寸先は闇そんな思いにかられます。
 そんな思いは、払拭しなければなりません。夏の青空を背景に咲きほこるひまわりは、私たちに元気を与えてくれ、今を大事に生きることを伝えております。
 着物好きな貴方、この夏を満喫して良い思い出を作ってください。当店はそのお手伝いをさせて頂きます。

きもの病院開設 松代郵便局前 TEL:026-278-2151

最新記事一覧

 令和4年08月号【諸行無常 今一生】
 令和4年07月号【着物文化再発見】
 令和4年06月号【平和のありがたさ】
 令和4年05月号【着物フレイルにご用心】
 令和4年04月号【気になる「世界終末時計」】

過去記事一覧

 ■令和4年
 ■令和3年
 ■令和2年
 ■令和元年
 ■平成31年
 ■平成30年
 ■平成29年
 ■平成28年
 ■平成27年
 ■平成26年
 ■平成25年

特  集